スタッフブログ

祇園ちご餅 一年中いつでも祇園祭?! 

ちご餅一年中いつでも祇園祭り気分が味わえるお土産のお菓子を紹介します。
もちろん7月のお土産にピッタリです。三条若狭屋さんの「祇園ちご餅」です。その昔、お稚児さんが味噌だれをつけたお持ちと飲み物を振舞われていてその「ちご餅」が疫を除き服を招くといわれ洛中の評判になったそうです。

三条若狭屋さんの二代目主人の方が、それを元に創意工夫して京菓子として「祇園ちご餅」を創作されたそうです。見た目は、祇園祭で各鉾や山で配られる厄除けのちまきのようなパッケージで赤・黄・白の三色の短冊が飾ってあります。

パッケージを開けると、串に刺さったかわいいお餅が3つ並んでます。一つ一つ丁寧に包まれてまるで、おくるみにくるまれた赤ちゃんのようです。氷餅をまぶした求肥で、京都独特の白味噌を甘く炊いたものを包まれたそのお味は、なんと上品なお味でしょう!口に入れると、氷餅と求肥のモチモチ感がたまりません。その後、白味噌の甘いけれど甘すぎない絶妙なバランスのお味です!餅好きスタッフも大絶賛でした。    おひとつどうどすか?三条若狭屋

カテゴリー: その他