スタッフブログ

焼鯖カレー 京都水族館

先日京都水族館へ行き、限定販売のレトルトカレー「焼鯖カレー」を買ってきました

鯖街道は若狭から京都へ主として魚介類を運搬するルートになっていました

その中で鯖が多く取引されていたため、この名で呼ばれるようになったそうです

若狭で塩をまぶした鯖は京都まで運ばれる間にちょうどよい塩加減になったそうです。

こうして運ばれた塩漬けのサバは京の一般庶民に昔から愛されてきました。

この鯖カレーは国産の鯖をふんだんに使い、骨まで食べられます

しっかり鯖の味もして、とっても美味しいので、ぜひ皆様も食べてみてください

京都水族館でしか買えない珍しいレトルトカレーなのでお土産にもオススメです

 

カテゴリー: その他