京都観光スポット情報
ホテルセントノーム京都TOP > 京都観光情報 > 2017年4月の京都観光スポットおすすめ情報

2017年4月の京都観光スポットおすすめ情報

4月の京都観光スポット

卯月

卯の花(ウツギの花)が咲く月で「卯月」というのが一般的だそうです。また「卯」は「初」、「産」に通じ、農耕民族にとっての一年の循環が始まる月であることか「卯月」と呼ぶとも。年度の始まり、学校でも社会でも新たな出発、新しい試みのスタートなど、実質的には正月より大きな節目の月ですね。京もいよいよ春爛漫、皆様のお越しをお待ちしております。

4月1日〜4月23日 | 都をどり 京都芸術劇場 春秋座

「都をどりは〜 よ〜いやぁさ〜」のかけ声と共に、艶やかな芸舞妓が左右の花道から現れると、観客はその美しさに吸い込まれるように見入ります。
公演 13:00〜、14:45〜、16:30〜

3月25日〜4月7日 | 北野をどり 上七軒歌舞練場

上七軒歌舞会の舞踊公演です。他の「をどり」より、やや小規模ですが、 渋さが身上で、その味わい深さには定評があります。
公演 13:30〜、16:00〜

3月25日〜4月25日 | 桜の名所

例年の桜の見頃が3月下旬くらいからのところをピックアップ致しました。
京都市内では3月下旬〜4月初めくらいが一番の見ごろのようです。
・京都御苑 京都御所、迎賓館、大宮御所の周辺で桜を観ることができます。
・平野神社 約50品種のサクラが次々に開花します。
・法輪寺 境内の舞台から嵐山の桜の咲く風景を一望できます。
・祇園新橋・白川 京町家と桜が織りなす風情に京都の春を感じることができます。ライトアップもあります。

4月1日 | 梅小路公園手づくり市 梅小路公園

「百万遍さんの手づくり市」の姉妹市です。毎回、手づくりのあたたかみを求めて、多くの人が訪れます。 今年は新駅の工事のため、会場が例年とは異なります。

4月1日〜2日 | 第13回京都さくらよさこい 梅小路公園、岡崎公園

昨年は全国から延べ125チームが集まった関西最大のよさこい祭りです。 桜が咲き誇る中、京都中をよさこいで彩ります。

4月3日 | 青龍会 清水寺

清水寺は京都の青龍の位置にあり、観音の化身・青龍を中心にした一行が境内を練り歩きます。

4月4日〜4月19日 | 京おどり 宮川町歌舞練場

京都の花街・宮川町の芸舞妓による春の舞台、「京おどり」。 初舞台を踏む舞妓五名を含めた、総勢八十名の芸舞妓による華やかな踊りが繰り広げられます。
公演 12:30〜、14:30〜、16:30〜

4月9日〜4月23日 | 花供養 鞍馬寺

花、茶、歌舞音曲を献じ、同時に本尊の活力を心身に頂きます。古くから桜の名所としても名高く、境内を彩る桜は「雲珠桜」と呼ばれています。

4月14日〜4月16日 | 方除大祭(ほうよけたいさい) 城南宮

神恩に感謝しご加護を祈念する年に1度の大祭です。 嵯峨御流華道花展や甘酒の無料接待もあります。 神苑の紅しだれ桜が見頃をむかえます。

4月12日 | 水口播種祭(みなくちはしゅさい) 伏見稲荷大社

豊作を祈る神事で、神前に種籾を供えて祭典が行われ、氏子が神田に入り種籾を蒔く行事です。この種籾からそだった苗を使い、6月のお田植祭、10月の抜穂祭が営まれます。

4月9日 | やすらい祭り(鎮花祭) 光念寺〜今宮神社

京都の三大奇祭の一つ。 平安時代からの歴史を持つ厄除け祈願祭です。桜や 椿で飾られた大きな風流傘の下をくぐると、1年間病気をしないといわれています。

4月9日 | えんむすび祈願さくら祭り 地主神社

「地主桜」の美しさを祝い、人々が良縁を授かることを祈願して、桜の神々を祀る祭です。白川女による桜の献花と「田村」「熊野」の謡曲が奉納されます。

4月9日 | 太閤花見行列  醍醐寺

慶長3年(1598年)3月15日、豊臣秀吉は、秀頼や北政所、淀君、近臣らを引き連れ、 醍醐で盛大な花見の宴を開きました。 太閤花見行列は、この桃山時代の豪華な宴を再現したものです。

4月15日 | 百万遍さんの手づくり市  百萬遍知恩寺

20年以上続く百万遍さんの手づくり市は、手づくりの作品を発表する場として、わずかな店舗数で始まりました。それが現在では毎月400店以上が軒を連ねる市となっています。
8:00〜夕暮れ

4月19日 | 御身拭式 清凉寺

本尊釈迦如来のお身拭きが行われます。お身拭きに使用した白布を身につけると、罪業が消滅して極楽往生できるといわれています。

4月21日 | 弘法市 東寺

訪れる外国人の方なども多く、歴史ある弘法大師信仰の場と立ち並ぶ露店、店の人とのやりとりや珍しい品々を見ているだけでも楽しく、活気ある縁日です。

4月25日 | 天神さん(天神市) 北野天満宮

市には骨董やアンティークのきものを扱う店も多く、早朝から夕刻まで大勢の人で賑わいます。通常、この日に限り、宝物殿が公開され、夜には境内がライトアップされます。

4月29日 | 曲水の宴 城南宮

平安時代、宮中で行われていた貴族達の優雅な遊びを再現する行事です。

4月29日〜5月5日 | 壬生狂言 壬生寺

円覚上人が布教のため唱えた融通念仏が伝わったといわれる珍しい仏教無言劇は、代表的な民俗芸能として知られる重要無形民俗文化財です。序盤に「炮烙(ほうらく)割り」が演じられ、ユーモラスな手ぶりで次々に落として割る様子は、迫力があります。

ホテルセントノーム京都 観光情報 / HOTEL CENTNOVUM KYOTO KYOTO SPOT

春夏秋冬、四季折々の風情を楽しめる京都は平安遷都以来、都として栄えてきました。地方から様々な特産品が集まり、 食文化、芸術や歴史を作り上げてきました。市内には、嵐山、清水寺、金閣寺、二条城、伏見稲荷大社、銀閣寺、龍安寺、東寺、延暦寺天龍寺、上賀茂神社、哲学の道、京都国立博物館、西芳寺、三十三間堂、仁和寺、大徳寺、桂離宮、知恩院、鞍馬山、妙心寺化野念仏寺、平等院、伏見城野宮神社などの観光スポットがございます。観光都市京都へおこしください。

前のページに戻る

ページトップへ戻る

MENU

  • Facebook