京都観光スポット情報
ホテルセントノーム京都TOP > 京都観光情報 >  2019年1月の京都観光スポットおすすめ情報

2019年1月の京都観光スポットおすすめ情報

冬の京都観光スポット

睦月

日々寒さが厳しくなり冬らしくなる頃ですが、紅葉シーズンの混雑のあとの、落ち着いた京都を味わうことができる貴重な時期でもあります。


1月1日 | 白朮(をけら)祭 八坂神社

京都のお正月を代表する風物詩「をけら詣り」で、火を頂いた火縄をくるくると回しながら持って帰って火種として使い新年を祝います。
5:00〜


1月2日〜4日 | 筆始祭・天満書 北野天満宮

受験生の合格祈願で有名な北野天満宮ですが、書家でもあった菅原道真公の遺徳を偲び、 2日〜4日は神前で書初めをする天満書が行われます。3日には神楽殿にて狂言奉納があります。
2日9:00〜筆耕祭、10:00〜天満書


1月2〜3日|町家のお正月 歳徳神・七草粥 西陣くらしの美術館 冨田屋

今では他でなかなか見る事の難しい歳徳神をこの機会に見て頂く貴重なイベントです。(有料)


1月4日|蹴鞠はじめ 下鴨神社

古くから御所に伝わる京の伝統行事「蹴鞠」が奉納され、一般に公開されます。水干、袴、烏帽子姿の鞠人が、 大勢の人垣が取り囲んで見守る中、皮製の沓(くつ)で鞠を蹴り上げていきます。


1月5日|舞楽奉納 上賀茂神社

新年を寿ぎ、境内「橋殿」で篝火の焚かれる中に平安雅楽会の奉仕により舞楽が奉納されます。


1月13日 | 楊枝のお加持・大的大会(弓引き初め) 三十三間堂

楊枝のお加持は、平安時代からの伝統があるインド伝来の修法です。聖なる樹とされる楊枝(やなぎ)で法水を参拝者に注いで、病気を除くといわれています。大的大会は江戸時代の「通し矢」にちなむ大会で、全国から2千人が参加します。


1月15日|左義長(さぎちょう) 三千院

宮中における小正月の火祭行事で、正月の松や注連飾り、古い祈祷札やお守りなどを焚き上げます。


1月16日 | 武射神事 上賀茂神社

年中の除災の神事に、宮中の射礼(じゃらい)の影響が加わった祭典で、祭典終了後芝生にて神職が裏に「鬼」と書かれた的を射た後に小笠原流近畿菱友会による大的式・百々手式が奉納される。


1月21日 | 初弘法 東寺

この日は1年で最初の弘法大師(空海)の月命日になるので初弘法といいます。弘法大師が亡くなった3月21日にちなみ、毎月21日に骨董、古着、日用品などの市が立ちます。


1月25日 | 初天神 北野天満宮

正月の縁日を“初天神”といい、境内には例年約1000余の露店が出て賑わい、奉納書初め(書き初め)の作品展も行われます。宝物殿の社宝がこの日に限り公開されます。(料金300円)


1月27日 | 一休善哉の日 酬恩庵一休寺

「善哉」の名付け親である一休禅師にちなんで一年の誓いを絵馬に書き込む行事です。当日はお善哉がふるまわれます。


1月28日 | 初不動 狸谷山不動院

毎月28日はお不動さんの日。この日は今年初めての縁日で、狸谷飲み放題といわれるガン封じの笹酒の無料接待が行われます。(持ち帰りは有料)


ホテルセントノーム京都 観光情報 / HOTEL CENTNOVUM KYOTO KYOTO SPOT

春夏秋冬、四季折々の風情を楽しめる京都は平安遷都以来、都として栄えてきました。地方から様々な特産品が集まり、 食文化、芸術や歴史を作り上げてきました。市内には、嵐山、清水寺、金閣寺、二条城、伏見稲荷大社、銀閣寺、龍安寺、東寺、延暦寺天龍寺、上賀茂神社、哲学の道、京都国立博物館、西芳寺、三十三間堂、仁和寺、大徳寺、桂離宮、知恩院、鞍馬山、妙心寺化野念仏寺、平等院、伏見城野宮神社などの観光スポットがございます。観光都市京都へおこしください。

前のページに戻る

ページトップへ戻る

MENU

  • Facebook